介護用リフォームと介護保険 介護用リフォームと介護保険

  1. HOME >
  2. 事業内容 新築リフォーム >
  3. 介護用リフォームと介護保険

在宅介護のための住宅リフォームは、介護保険の支給対象となる場合があります

(居宅介護住宅改修)

手すりの取り付けや、段差の解消といった生活環境を整えるための小規模な住宅改修に対して、自治体から要介護区分に関係なく20万円を上限とした住宅改修費が支給されます。
ただしその1割は自己負担となります。

原則として工事着工の前にあらかじめ「市区町村の同意」を得ておかなければなりません。
工事の前に保険給付の対象となるかをケアマネージャーまたは市区町村の窓口に相談しましょう。

介護保険の支給対象工事と利用限度額

改修の内容
  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑りの防止
  • 移動する際の円滑化のための床や通路面の材料の変更
  • 開き戸から引き戸への扉の取替え
  • 和式便器から洋式便器への便器の取替え
  • その他、これらの住宅改修に伴って必要となる住宅改修
利用限度額

20万円まで(原則1回限り)

改修費用の合計が20万円に達するまでは、何度でも住宅改修費の支給を受けることができます。引っ越しをした場合や要介護度が著しく高くなった場合は再度支給を受けることができます。

  • トイレをベーシックな洋風に お手頃プラン 598,000円より
  • トイレをバリアフリーの洋風に しっかりプラン 863,000円より
株式会社堀居組
フリーダイヤル:0120-41-5244(営業時間 8:00~17:00)
FAX:0770-21-7061
お問合せフォームはこちら
PAGETOP