事業内容 土木事業部

  1. HOME >
  2. 事業内容 土木事業部

公共事業の施工事例はこちら

堀居組は大正10年に個人土木建築請負業として誕生しました。まだ、機械が発達していない当初、大手建設会社の下請けとして旧国鉄の線路の敷設や、除雪作業を人力で行っていた歴史があります。建設業の許可を取得し、株式会社堀居組の設立をしてからは公共工事を多く手掛けてきました。
砂防工事や道路工事、下水道工事など地域インフラの整備に携わり、地域貢献にも力を注いでいます。

砂防・下水道・道路・港湾・法面工事等の公共事業

創業以来培われたノウハウは堀居組の総合技術力の高さに表れています。公共事業における現場の評価が高く、中でも港湾工事や砂防工事において局長賞、知事賞、部長賞など数々の優良表彰を受賞しています。
また、堀居組はISO9001を認証取得しており、品質と技術力において福井県内屈指の優良業者としてますます基盤を充実させています。

コンクリート構造物の漏水・止水・補修工事

堀居組は、全国でも数少ない 全国コンクリート漏水止水技術協会に所属しており、北陸地区ではグループ会社の株式会社ホーエイを含め3社のみがコンクリート構造物の漏水・止水・補修工事を行うことができます。堀居組では以下でご紹介する技術をいち早く習得し、トンネルの改修・補修工事に役立てています。

ブロック工法:トンネル止水工事

ブロック工法 トンネル止水工事

スーパーロック工法
スーパーロック工法は、コンクリート構造物に発生したひび割れ等による漏水を止水する工法で、注入材SP-1(ファインセラミックス微粒子)を構造物の背面側に注入することにより、構造物背面に止水膜を形成させて、コンクリート構造物との一体化よる補強効果を発揮すると共に、ひび割れなどの隙間にも浸透堆積し、修復する止水・補修工法です。
ブロック工法
ブロック工法は、おもにトンネル・導水路覆工の漏水を止水する工法で、止水等による覆工に掛かっている水圧を排水樋などにより排水し、水圧を軽減させることと、スーパーロック工法を併用した工法で、長期的な止水補修効果を発揮します。

スーパーロック工法・ブロック工法施工事例一覧

ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は左のアイコンをクリックして、ダウンロードをして下さい。

本工法は、国土交通省の新技術・新工法NETIS(ネティス)に認定登録されています。

  • スーパーロック工法: NETIS NO.KK-980032
  • ブロック工法: NETIS NO.KK-980033

※スーパーロック工法、ブロック工法の詳細につきましては全国コンクリート漏水止水技術協会のサイトをご覧ください。

PAGETOP